車買取の市場原理を知っておく

愛車を売るのであれば出来れば高く売りたいと考えるのは当たり前の話です。
現金にするにせよ、新しい自動車を購入する際の下取りにするにせよ、やはり出来れば高い額で車買取をと考えるのは当たり前です。

ですがタイミングの問題も出てくるのです。

車買取は、買取ってもらう側の視点であって、買取業者からすると「仕入れ」になります。
買取った自動車を中古車として販売する事になるのですから。
ですのでどれくらいの価格が付くかは市場価値次第でもあるのです。

車の状態が良くとも中古車市場で人気がない車種や、在庫があふれているような場合、高く買取る必要がありません。
よほど良い状態であればともかく並の状態であれば業者側としても無理に引き取る必要はないのです。

車買取は公共事業ではなく、あくまでも民間によるビジネスなのですから、業者が「これは売れる!」と思うような車種であれば高い額で買取ってくれますし、「これは売れないな」「不良在庫になるだけだ」と思われてしまうような車種であれば額が安くなるだけではなく、ともすると値がつかないといったケースにさえなりかねないのです。

車買取の際、どうしても業者の立場というものを考えずに自分の考えを押し付けてしまうだけの消費者も多いのですが、あくまでも市場原理が働いているという事を忘れてはならないのです。

走行距離が100,000kmを超えると値がつかないとは一般的に言われていますが、業者の事情とてあるのです。
在庫がなかったり、走行距離の如何に関わらず人気の車種ですとそれでも買取ってくれるのです。

査定額は自動車の状態を表しているものではなく、あくまでも「中古車市場における価値」です。

極端な話ですが、例え走行距離が1kmにさえ満たないようなほぼ新車であっても全然人気がないような車種であれば、定価を大幅に下回るような査定額となるケースさえあるのです。
この点を勘違いしている消費者がとても多いので気をつけるべきです。

フィットを下取りにするか買取にするか?

そろそろ今乗っているフィットを手放して新しい車を書おうかな、と思ったときフィットを手放す方法が2つあります。

まずは次に欲しいと思っている車を販売している店舗で下取りしてもらう方法。
これは多くの人が利用する方法で、なにより一つの業者ですべての手続きができる点が魅力です。
下取り価格を次の車の値段から差し引いて購入することができますし、煩わしい書類の記入なども一度で済みます。

もう一つの方法は買取業者に売る方法です。
次の車を購入する店舗以外に足を運ぶ必要がでてきますが、下取りよりも高く買取ってもらえる可能性が高いです。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、フィットを出来るだけ高く買取ってもらいたいと強く思う場合は少々手間になっても買取業者に依頼するほうが良いと思います。

下取りの場合、下取りした業者はそのあと買取業者に売ることが多いです。
そうなると間にマージンが発生することもあって、フィットの持ち主はなかなか高く売れないものです。

ですが買取業者に調節交渉する場合、不要なマージンは発生しないため高値で買取してもらうことが可能です。
下取りに比べて買取業者に依頼するデメリットと言えば、やはり手間です。

せっかく買取業者を探すのであれば身近な業者だけに査定を依頼するのではなく、色々な業者に依頼してほしいです。
正直、身近な業者たった1社に買取査定を依頼するだけなら、下取りの場合とあまり値段が変わらないケースも出てきます。
出来るだけ高く売るために買取業者を探すのであれば徹底的に自分でリサーチしてほしいです。

場合によっては数十万円も査定が変わることもあるので、ここをするかどうかで大きく今後が変わります。
1つの業者では査定額が50万円だったとしても、他の業者では70万、80万円という場合も少なくないんですよ。

面倒だと思わず、まずは自分で今乗っているフィットの相場を調べてみてください。
査定がプラスになるオプション仕様などの場合は更に上乗せ買取も可能となってきます。

大事な愛車を出来るだけ高く売って、次に購入する車の資金に回せば非常にお得に車の買い替えが出来ると思います。

 

 

【PR】
外車王買取