ビットコインの普及を促進するLastRoots

■ビットコインについて

ビットコインは多くの種類が開発され世界に流通していますが、実際の商取引に使われるのはほんのわずかで、その多くは投資の対象になっている傾向があります。

そのため様々なビットコインが開発されますが、すぐにその価値が暴落し、取引が停止される人も少なくありません。

その大きな原因は実際に通貨としての流通量が少なく、投資の対象としてのみ利用されるために価格が乱高下し、やがて投資家が興味を示さなくなることによるものです。

本来通貨として開発されたビットコインは、インターネットによる商取引において実際の通貨が利用できないと言う背景を受け、電子的に交換できる要素を持ったものとして大きな普及が見込まれているものでした。

通貨は元来商取引に用いられるものであり、商取引を行う媒介としてその価値を発揮するものですが、近年の通貨に対する投資が普及したことにより通貨そのものが金銭的価値を持つようになり、投資の対象として利用され始めたことにその要因があります。

そのためビットコインの日本の通貨同僚投資の対象となり、新たなビットコインが開発された際にその価値の上昇を見込んだ多くの投資家が多額の投資を行い一時的にその価値が上昇し、その後価格が安定すると投資家の興味が新たなビットコインに向いてしまうためその価値が低下する傾向にありました。

しかしこれではビットコインの本来の目的である商取引への利用が妨げられると言う問題がありました。

■LastRootsについて

LastRootsはこのようなビットコインが抱える問題を払拭し、本来の商取引への利用を促進するために様々な施策を行っている会社です。

自社で開発したビットコインを普及させるべく多くの賛同者に対してその流通を促進するために広告掲載料をビットコインで支払うなどの施策を行うとともに、自ら交換所を設立し安定した価格で交換を実現したりといった施策を行っています。

さらに投資目的で多額の投資が行われることを避けるために投資に対する対策を行うなど従来のビットコインの流通においてはあまり例を見ない対策を行うことで、本来の通貨としての流通を促進するような様々な方策を行っている点も特徴的な会社といえます。

LastRootsの事業の目的はビットコインを本来の流通の目的で普及させることで、インターネット上における商取引の促進を図り、その上で新たなビジネスを創造する点にあります。

従来の現実的な商取引とは異なり、歌ネット上における商取引にはこれまでの空間的な課題や時間的な課題を超えた新たなビジネスを創造できる可能性があり、これを促進するためのツールとしてビットコインを有効に活用することを目的としている会社です。