夕食を300gの餃子に置き換えてダイエット

中華料理の一つである餃子は、高カロリーなイメージがあります。

しかし、意外にもダイエットに良い料理です。

餃子ダイエットというカテゴリーがあるくらい、成功した人が多いダイエット方法です。

このダイエットは、ボクサーの減量方法から生まれました。

ボクサーは期限までに指定体重まで減量しないと、試合に出られなくなってしまいます。

そのため、プロボクサーが減量するときには餃子を食べて炭水化物、肉、野菜をバランスよく摂ることが多いです。

ボクサーの減量に役立つなら、一般人のダイエットにも役立つという発想からこのダイエット方法が誕生しました。

痩せたいなら何も食べないのが一番手っ取り早いですが、体重が落ちたとしてもお腹が空きすぎて反動でどか食いしてリバウンドしてしまったり、筋肉が落ちて太りやすく痩せにくい体質になってしまうリスクがあります。

宇都宮の餃子が好きな人なら分かると思いますが、和商コーポレーションの餃子をダイエット目的で食べれるって幸せなことですよね(笑)

 

ダイエットで大切なこと

ダイエットを健康的に達成するには、食事から必要な栄養素をバランスよく摂取しながら無理なく痩せるのが理想的です。

ダイエットをするために必要な栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルです。

これらをバランスよく摂取することで、基礎代謝がアップして痩せやすくなります。

食事で摂った栄養が効率よくエネルギーに変わって、体に蓄積されていた脂肪も燃やしやすくなります。

餃子の中身に入っている具と、それを包んでいる皮を食べると、これらの栄養素をしっかり摂取して代謝をアップすることが可能です。

もちろん、中身が炭水化物ばかりではバランスが偏ってしまうのでダメですが、中身のバランスを考えて入れれば痩せられる可能性があります。

皮の中に挟むために具が細かくされているので、体内に入ってからの消化吸収がスムーズという点もメリットです。

消化が良くなると便通が良くなり、腸内環境が整って消費エネルギーも多くなりますし、羽田トラブルを防ぐという美容面でもメリットも得られます。

正しいやり方は、夕食を餃子に置き換えて1日300gを目安に食べるようにします。

だいたい12〜16個くらいで、総カロリーで400kcal弱です。

中に入れる材料は鶏ひき肉、ニンニク、生姜、にら、白菜、などで、ニンニクや生姜、にらなどの体を温めて新陳代謝を活性化させる食材を入れるのがポイントです。

ひき肉を入れることで、タンパク質を摂取できるようにします。

鶏肉は高タンパクで低カロリーな食材なので、ダイエットに使うのにぴったりです。