審査が心配な方がクレジットカードに申し込むには

クレジットカードでの決済が一般的になり、ネットショッピングやサービスを利用する際には、カード決済のみという会社が増えています。

クレジットカードを保有するには、カード会社からの審査を受け、設定されている基準を満たしている必要があります。

そのため、カードを所持している方は、一定の信用があると見なされているため、安心できる人物に利用してもらいたいという業者側の希望があると考えられます。

■一定の収入があることが大切

カードの審査は全ての方が通るわけではないので、専業主婦の方、パートやアルバイト等の非正規雇用の方や、零細企業の経営者、赤字申告の自営業者の方は、カードを保有したくても申し込みができるかどうか心配になることがあるでしょう。

基本的に無職でなければ、年金生活者の加入も認められることがありますし、配偶者が安定した収入があれば専業主婦の方でも審査に通ることがあります。

今までに、スマートフォン等の機種分割契約やクレジットカードの利用歴がある方、借入をしたことのある方は、債務整理をして、情報が消去されていない限りは、信用情報機関に契約や返済状況の記録がされているでしょう。

申し込みの審査では、信用情報の確認をしますので、計画的に利用し、期日を守って返済していた方については、発行会社側でも信頼できる人物という印象を持つと思われます。

特に、1枚のカードを長く使い続けている場合には、より印象が良いことも考えられるでしょう。

収入の基準を満たしていても、何度も返済遅れをしている方については、否決されることもあります。

■よく使う店舗やサービスの提携カード

まず、カードの選択をするには、自分が良く利用するサービスや店舗から発行されている物を候補に挙げることです。

最寄りにあるスーパーやデパート、家電量販店等の実店舗、ネットサービスの提供サイト、契約している携帯キャリア等の通信系の会社、給油する機会の多いガソリンスタンド等、様々な店舗やサービス会社があるでしょう。

発行会社側からカード作成の案内があることもありますし、カードカウンターを常設している所もあります。

利用頻度が高ければ、専用のインビテーションが封書やメールで来ることもあり、加入しやすい場合があります。

クレジットカードの申込書には、年収を記入する欄がありますが、ほとんどの場合は自己申告で構いません。

特にキャッシング額を0円にしたり、ショッピング利用のみにすると、クレジットカードを発行する会社の方でも、返済ができないというリスクを減らせるため、審査に通過しやすくなると予想されます。

学生クレジットカード限度額