ニュースキャスターから学院理事長になった畑恵さん

畑恵さんと言えば?

畑恵さんと言えば今は教育者という肩書きが相応しい方と言えるでしょう。

昔の畑恵さんを知っている方は、ニュースキャスターの印象が強いかもしれません。

畑さんは、早稲田大学第一文学部を卒業後、NHKに入局されています。
そして、「夜の7時のニュース」を担当して知名度をあげられました。

1984年にNHKに入局に入局、1989年にはNHKを退局されていますので、NHKでの在籍期間は5年ほどしかありません。

退局後はフリーのアナウンサーとしてテレビ朝日の「サンデープロジェクト」などを担当していますので、フリー後も今で言うタレントアナウンサーのような立場ではなくキャスターとしての地位を確立されていました。

その後は、1995年には参議院議員選挙に立候補し見事当選を果たされ、政治家への道を進まれました。

国会議員在籍中は、新進党の同僚であった船田元さんとの交際が報じられました。

船田さんはその時、既婚者でありましたので、当時は政界の失楽園騒動と大きく報じられました。

その後、船田さんの離婚が成立し畑恵さんは船田さんと結婚にいたりました。

船田さんといえば、25歳の最年少で政治家になり、また最年少で経済企画庁長官になるなど政界のプリンスと言われた方です。

政治家一家の畑恵

祖父も父も政治家ですので、政治家一家の方ですね。

しかし、マスコミから大きく騒がれたこともあってか結婚後の選挙では船田さんは初めて落選しています。

その後も、一度落選もありましたが、現在は自由民主党所属の衆議院議員として活躍されています。

一方、畑恵さんは参議院議員としての在任期間は1995年7月から2001年7月までの6年間で一期のみでした。

畑さんは船田さんと結婚後、船田さんが経営する栃木県にある作新学院の副院長に就任します。

また、参議院議員在籍中にお茶の水大学大学院後期博士課程に入学しました。

現職の参議院議員での入学は初ということです。

2008年に博士号を取得し、2013年には作新学院理事長として現在も活躍されています。

作新学院は私立校でスポーツの強豪校としても有名です。

現在はその作新学院の理事長として教育者として活躍をされています。

畑さんは公式ホームページを開設されていてそこにはご自分のお考えを発信されています。

「すべては子供たちのみらいのために」ということで「教育力」」「女性力」「イノベーション力」を基本政策に掲げているようです。

『未来への羅針盤』という著書も刊行されています。

また、一方ブログでは飼っている犬を紹介したり船田氏の写真を掲載したりしていて理事長のお顔とは違った面も見せてくれています。
※関連記事・・畑恵著書