注文住宅を上手に選ぶために注意したいこと

おしゃれな注文住宅

1.ロイヤルウッドに聞く!注文住宅の選び方

注文住宅を購入する際には信頼できる工務店やロイヤルウッドなどの住宅メーカーを選ぶことが非常に重要です。
特に住宅メーカーの場合には様々な仕様があり目移りしてしまうものですが、実際に住宅を建てる際には適用できる仕様が限られてしまうことも少なくありません。

これは住宅メーカーが自ら住宅を建てるのではなく、基本的にそれぞれの地域の委託された工務店が住宅を建てることになるため、その工務店の職人の技術や地域性により限られてしまうことによります。

住宅を販売するのはメーカーの営業であることが多く、工務店との意思の疎通が吐かれていない場合には営業マンが様々な仕様について勧めた場合でも、実際にはこれが適用されないことが多いので注意が必要です。

2.様々な住宅メーカーや工務店の話を聞く

一般的に地域の工務店が直接注文住宅を建てる場合には、工務店自身が営業するので建てることができない仕様のものを販売する事はありません。
しかし工務店の場合には逆に選択肢が少なく、注文住宅でありながら非常に自由度の少ないものとなってしまうこともあるので注意が必要です。

これらの問題を避けるためには第一に様々な住宅メーカーや工務店の話を聞き、実際に建築することのできる住宅の種類や仕様を十分に確認し比較することが重要となります。

この際に実際に建築した実績のある住宅を見学するのも非常に良い方法です。
実際の実績があるものであれば再度同じものが建築できる可能性も高く、またその出来栄えも同時に確認することができるので可能であればぜひ行っておきたい方法となっています。

最近では多くの工務店や住宅メーカーが注文住宅として建築したすでに入居者が存在するものを見学会と称して見学させてくれる場合もあるため、この場合には単に外観や内装のほかに実際の使い勝手についても入居者に確認することができるので参考となる機会となります。
さらに入居者に確認することによりデメリットも引き出すことができるので自分で選ぶ際には貴重な情報となるのです。

3.住宅メーカーは選択の自由度が少ないことも多いので注意

また住宅メーカーや工務店の選び方は、いくつかの大切なポイントがあります。
一般的に住宅メーカーは大規模に住宅を製造する形となるため注文を受けて建築する住宅はあまり取り扱っていないことも少なくありません。

メーカーの中には様々な材質や構造のバリエーションを用意し、これを組み合わせることで顧客の注文を受けて建築した住宅のようなイメージを実現するものが多く、この場合には自分の希望通りの外観や間取りにならないことも多いのです。

住宅メーカーの場合にはいくつかのパターンの中から自分の希望に最も近いものを選ぶ仕組みになっているケースが非常に多く、基本的に価格は比較的安いのですがその選択の自由度が少ないことも多いので注意が必要です。

4.工務店は自由度が高いが費用面で割高になる傾向がある

工務店の場合にはその会社にもよりますが基本的には依頼主の希望にそって一つ一つ手作りで家を建築するのが一般的です。
そのため非常に自由度が高く、他にはない自分だけの住宅を建てることができるメリットがあります。

ただし一つ一つが手作りであるため費用面で割高となるほか、希望する内容によっては様々な住宅としての基本的な機能や構造に影響を及ぼす恐れがあるため、専門の設計技師による住宅の設計が必要になる場合も少なくありません。
この場合には設計費用も住宅の価格に上乗せされてしまうため、非常に高いものとなってしまうことが多いのです。

一口に注文住宅といっても取り扱う業者やその取り扱い内容について様々なものがあり、価格もこれにより大きく異なってきます。

最近では住宅の中に自動車のガレージを組み込むガレージハウスが非常に人気となっていますが、ガレージハウスは非常に広いスペースを必要とするため強度の点から様々な工夫をすることが必要となり、ほとんどの場合は住宅の構造設計を見直さなければいけないことになるため設計技師の費用が発生するものとなります。

5.実際に周辺の環境に合わせたものとなっているのかを考慮する

また場合によっては強度が保てないことから広いスペースを確保することができず、途中に支えとなる柱を立てなければならなかったり、十分なスペースの確保ができないケースも多いため注意が必要です。

この面では自分で1から仕様を考える工務店のケースは非常に難しい面があることも少なくありません。
住宅を建てる際には単に外観の美しさや内装の美しさだけではなく、実際に周辺の環境に合わせたものとなっているのかを考慮することが必要です。

注文住宅の場合には特に自ら土地を準備することが多いため、周辺の環境や近隣の目なども意識したものとすることが必要になるようです。
そのため様々な条件を十分に考慮し、総合的に住みやすいものとすることが最も重要な課題となっています。

このような住宅を選ぶ際には様々な条件を理解し、また環境についても十分に配慮をすることができる住宅メーカーや工務店を選ぶことが重要で、同時に希望を叶えてくれる柔軟な意識を持つところを選ぶことが必要となるのです。