走行距離と車買取事情

自動車を手放す際、考えられる選択肢としては二つあります。

一つは廃車にしてしまう事です。
いわば廃棄と考えて良いもので、もう一つは車買取業者等に任せるものです。
販売する事になりますので自動車の価値の分の現金を手にする事が出来ます。

良い状態であれば高額買取も狙えますし、新しく自動車の購入を考えているのであれば下取りという形式となり、新しい自動車を差額分の価格で購入する事が出来るようになります。

中古車市場もしっかりと整備されてきているという事もあり、ポピュラーなサービスとなっているのですが、自動車の価格がどのように決まるのか。

その上で大きな目安となるのが走行距離です。
かつては走行距離が100,000kmに到達すると一気に査定額が下がると言われていました。
実はこれにはしっかりとした理由がありました。

それは、かつてエンジンにはタイミングベルトというパーツが使われていたのですが、これは消耗品で、その寿命がおよそ100,000kmとされていたのです。
その近辺になると摩耗して破損する。
そうすると自動車そのものを走らせる事が出来なくなってしまうのです。

一応交換する事も出来るのですが、人間心理としてはやはり普通の方が良いと考えるものですから、走行距離100,000kmというのが大きな目安になっていたのです。

ですが近年はタイミングベルトではなく、およそ150,000kmは持つとされているタイミングチェーンが用いられるようになっている事もありますので、100,000kmしか走らせる事が出来ないという事はありません。
ですが長らく培った印象の問題もありますので、どうしてもそのラインであれこれ思われているのです。

また、タイミングベルトの問題だけではなく、一般論として自動車は走ればエンジン以外のパーツとて使う事になるのですから、自動車の走行距離は自動車そのものの摩耗を表している、いわば「指標」と言っても過言ではないのです。