谷尾氏もびっくり?海外旅行に行く際の注意点とは

空港で一番気をつけたいポイント

日本を離れ海外への旅行となると、見知らぬ土地でのトラブルは絶対に避けたいものです。
大事なことは未然に防ぐことであり、もしもトラブルにあってしまった際には自分自身の安全を優先して行動することが大切になります。

旅行好きの谷尾和昭も海外旅行ではこれまで、さまざまなトラブルに見舞われたそうです。

海外旅行の際にまず最初に到着する場所が空港です。
空港で一番気をつけたいのは置き引きで、特にチェックインの際には荷物を自分の横に置きっぱなしにすることも多いので、自分の荷物からは絶対に目を離さないようにしましょう。

そのほかにも違法となるタクシーや、出迎えてくれた人が狙っているケースもあるので、もしもしらない人から声をかけられた場合には用心深く対応する必要があります

海外旅行で気をつけたいこととして、お金や貴重品などは外では出さないようにし、また派手な服装はしないようにしましょう。
海外と比べると日本は非常に治安が良く安全な国であり、どうしても身の安全に対する意識が低くなってしまいます。

海外で日本人を狙ったトラブルが非常に多く、写真撮影をしようとして構えているカメラや、時間を確認しようとしたときの腕時計さえも狙われることがあります。
これらはものによっては現地の人の収入の1年分ぐらいに相当するため、十分な注意が必要です。

また女性の場合には露出の多い服装をしたり派手なアクセサリーなども避けるべきと言えるでしょう。
宝石が付いているピアスを引きちぎられてしまい、耳にけがを負うケースも実際にあることです。
日本では普通だと思える行動であっても、同じことを海外で行うとトラブルを招く原因となるために十分な注意が必要です。

多額の現金は持ち歩かない

そして多額な現金は持ち歩かないように気をつける必要があり、海外旅行の際にお金は分散して持つようにし、手荷物以外のスーツケースなどに忍ばせておくことも大切だと谷尾和昭は強く言っています。

安心だと思っていたホテルの従業員が部屋の掃除中に様々なものをとっていってしまうこともあるので、小銭入れにお札を折り曲げて入れておいたり、財布とは別にしておくなどの工夫をすることで、たとえ被害にあったとしても最小限に抑えることができるでしょう。

そして国によっては比較的治安が良いとされている国でも、地方に行けば治安が悪い場所もあります。
夜間は非常に危ないので一人で夜道に出ることがないように気をつけましょう。

海外旅行中に体調が悪くなってしまったり、思わぬけがに見舞われることもあるかもしれません。
もしも体調が悪くなってしまった場合にはホテルに連絡を入れたり、ツアーに参加しているのであれば旅行会社に電話をかけます。

クレジットカードの付帯保険で海外のデスクサービスなどがあるのであれば、こちらを利用すると良いでしょう。
海外で救急車を呼ぶとお金がかかり、さらにその費用は高額なものとなり、日本のように救急車がすぐに来てくれるわけでもありません。

だからと言ってずっと我慢をしていると悪化してしまう可能性もあるため、もしも病院に行ける状態であれば現地の言葉がわかる人と一緒に早めに医者に診てもらうようにしましょう。

もしも保険に入っているのであれば診断書や領収書がのちに必要となるため必ず受け取ります。
現地に保険会社が提携している病院があるのであれば、その病院に行くことで無料で診察を受けられるので安心です。

これは帰国後に請求することも可能です。
しかし帰国してから30日以内に手続きをしなければならないので、帰国後体調が安定してからすぐに手続きを行うようにしましょう。

また歯の治療や持病、妊娠に関することは保険の対象外となっています。
これらについて補償する保険会社もわずかながら見られますが、ほとんどの保険会社が保証していないため注意が必要です。
海外での医療費は非常に高額であり、万が一のことを考えて保険に入っていた方が安心といえるでしょう。

クレジットカードの付帯保険が便利だと谷尾和昭は言っており、年会費は少しかかるがゴールドカードを保有していると安心だそうです。

参考:谷尾和昭

パスポートを紛失したらすぐ警察に届ける

そしてパスポートをなくしてしまうことも考えられます。
パスポートがなくなってしまった場合にはすぐに警察に届けを出し、そのあとの行動としては日本大使館へ出向きましょう。

日本大使館へ出向くとパスポートの再発行を行うことができますが、手続きが非常に面倒であり出来上がるまでに1週間から2週間ほどかかってしまいます。すぐに帰国しなければならない場合には帰国するためのと交渉と呼ばれるものを発行してもらうことができます。

この書類であれば早ければ翌日、遅くても3日ほどで発行されますが、こちらも非常に手続きは面倒だといえます。
またどちらの手続きにも手数料がかかり、無一文の状態になったとしても金銭の炎上してもらうことはできないため、お金を持ち歩くときには必ず分散させて持った方が安心です。

もちろん何も起こらないのが一番ですが、いつでも万が一のことを考えて万全の対策をとるようにしましょう。

日本人は近所の人が非常に多いですが、万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合には毅然とした態度をとることが重要です。
日本にいる時と同じ感覚ではなく、少し意識を変えるだけで様々なトラブルに見舞われることを予防することができるでしょう。