住宅に関する不安な要素を住まいる共済でカバー

誰もが憧れるマイホームを手に入れたなら、その先のことも考えていかなければなりません。

住宅ローンの支払いはもちろんのこと、故障や経年劣化で色々な部分をメンテナンスや修理しなければならない資金も必要ですし、生活スタイルの変化とともにリフォームも考えていかなければならないでしょう。

色々考えていると切りがないですが、忘れてはならない問題として、損害保険の存在があります。

損害保険は思わぬ事故や災害に巻き込まれた時に保険金が受け取れるという内容です。

自動車保険と同じような分類です。

代表的な例として、火災保険があります。

火事でマイホームが消失してしまっても、火災保険の補償内容に基づいて保険金が受け取れるのが大変助かる部分です。

 

■全労済が提供する住まいる共済

損害保険の選び方として、住まいる共済の利用を検討してみるのも良いでしょう。

共済ですから、一般的な保険会社の損害保険とは違いますが、投資家から出資金を募って運営する株式会社のスタイルと、会員から出資金を募る組合のスタイルという違いでしか無く、基本的な内容についてはそんなに違いはありません。

投資家の意向が強く反映される株式会社の損害保険よりも、組合員の意見を尊重する組合の共済が好みであれば、住まいる共済はぴったりの商品だといえます。

この商品は全労済が提供しています。

公式サイトや電話で資料請求ができたり、直接インターネット経由で申し込むことも可能です。

全国の全労済窓口ならば、直接申し込みが可能です。

共済のサービスを利用するには出資して組合員になる必要がありますが、この商品の契約時に初回掛金と出資金を支払うことで自動的に組合員になれますから、あまり深く考える必要はありません。

既に組合員の人であれば出資金は不要で、初回掛金のみの支払いで済みます。

火災共済と自然災害共済をセットで利用できるのが、住まいる共済の特徴的な部分です。

 

■火災と風水害、地震が対象

元々火災共済と自然災害共済の2つが用意されていたものの、この商品を契約すると旧タイプとはまた違った、新しいタイプのそれぞれの共済を利用できるようになります。

基本的な保障内容として火災と風水害、地震が対象になります。

全てを失ってしまう火事はとても怖いものですので、必ず共済に加入しておきたいところです。

雷がマイホームに落ちることによっても火災が発生しますし、何かが破裂したり爆発することで火が発生する、大きく損壊するといった状況にも見舞われます。

火事が発生したなら消防車が駆けつけて、火を消してくれますが、その時に大量の水をかけることにより水浸しになったり破損することも少なくありません。

このような状況に陥っても、共済に加入していれば安心でしょう。

風水害として、有名なのが台風です。

勢力の強い台風が直撃したり、局所的な大雨、長雨などでも被害が拡大します。

竜巻や突風が吹けば、窓ガラスや屋根、外壁などが吹っ飛んでしまいます。

雪崩や積雪などの被害も油断できず、高波や洪水といった自然災害も起こるリスクが常にあるでしょう。

共済に加入して、これらの被害にも耐えられるような備えを行っておきたいところです。

日本は地震が多いことで有名です。

突然の巨大地震でマイホームが半壊、全壊する危険があるわりには、地震保険に加入していない家庭は割と多いのが現状です。

そんな時にも全労済のこの共済があれば、安心を得ることができます。

 

■さまざまな特約を活用する

火災と風水害、地震に備えていても、まだ心配な部分があることでしょう。

そんな時に特約が役に立ちます。

火災が発生した場合、近所の家まで巻き込んでしまったら大変です。

延焼の損害に使える類焼損害保障特約、空き巣による盗難被害に対処するための盗難保障特約、損害賠償を訴えられた時でも慌てずに済む、個人賠償責任共済などがあります。

賃貸住宅に住んでいる人にとって便利なのが、借家人賠償責任特約です。

これで大家さんから賠償金を請求されても対応できます。

住まいる共済はとても柔軟性のある商品で、住まいや求めるものによって必要な保障内容を組み合わせることが可能です。

例えばマイホームを持っている人で、建物だけでなく家財も守りたいなら、受託と家財を対象とする充実した保障内容にすれば良いですし、とりあえずマイホームだけの保障に加入してリーズナブルな掛金に抑えるという使い方も可能です。

賃貸住宅であれば家財のみ守る保障内容にしてみても良いでしょう。

悩まずに加入しやすいように、住まいる共済では様々なプランを用意してくれています。

戸建てのマイホームなら全ての保障内容が充実したベースプランと、火災と一部の風水害に対応するシンプルプランがあります。

マンションであれば戸建てのプランに加えて、マンション専用プランからも選べます。

賃貸マンションやアパートもマンションと同じような内容です。

太陽光発電やエコキュート、エネファームにエコジョーズなどのエコ設備のあるマイホームならば、エコ住宅専用のプランが選択でき、新火災共済の掛金がお得になるメリットがあります。

住まいる共済 口コミより一部抜粋