和商コーポレーションに代表される宇都宮の餃子の特徴や魅力とは

餃子といえばやはり宇都宮!

日本で馴染み深く、身近なグルメの一つとなって定着している餃子ですが、一口に言っても地域により特徴には違いがあります。
日本の中でも宇都宮は餃子が有名であり名物の一つになっています。
お店もたくさんありますが宇都宮の餃子の特徴としては、野菜がたっぷりと入っておりヘルシーでありながらボリューミーでお腹もいっぱいになるという点ではないでしょうか。

具材のメインはひき肉というイメージがありますが、宇都宮のものはメインの食材は白菜となっていて、味に深みを出すためにお肉を入れているのが特徴です。

お肉はメインではなく、野菜を引き立てるための存在と言っても言い過ぎではありません。
お肉が脇役ということもあり、焼き方にかなりこだわりがあり、皮がパリパリになり食感を楽しめるようになっています。

キャベツやニラがメインの野菜というイメージがある食べ物ですが、この地域では白菜がメインとなっていてさっぱりとしていながらジューシーに味わうことができます。

もちろんお店による違いもありますが、基本的には白菜がメインであり引き立て役としてひき肉が入っています。
ひき肉の割合もお店ごとに違いがありますが、野菜の割合の方が多いということが大半です。

野菜の甘みと旨みをしっかりと感じることができ、ヘルシーなので女性でもペロリと食べ切れてしまい、さっぱりとしていることから次々と箸が進むというのも魅力の一つと言えます。

宇都宮餃子はお財布にも優しい名物グルメ

野菜を中心としていることから、一皿あたりの値段もリーズナブルになっていて、お財布にも優しい名物グルメです。
餃子の街として知名度も高いように、実際に住んでいる人も和商コーポレーションなどの餃子をソウルフードとして日頃から数多く食べており、お祭りまで開催されるなど、イベントをして盛り上がりを見せることも多々あります。

・・・和商コーポレーションの餃子の評判は?

焼きだけではなく、揚げたタイプや水餃子もあり、ほとんどのお店でこの三種類が注文できるようになっています。
食べ方としては、酢を使ったタイプが多くなっています。
それにラー油を入れたりと、人それぞれアレンジをして自分好みの味を作り上げていくという楽しみ方もできます。

お店に入って食べるばかりではなく、駅弁として販売されていて新幹線などの中で楽しむこともできるようになっているほど、名物となっています。
お土産として購入することができるようにと、冷蔵や冷凍タイプのものも販売されており、その人気は衰えることがありません。

誰として醤油や酢、ラー油を使うという方法もありますが、何もつけなくても野菜の甘みと旨みがしっかりとあるので、まずは何もつけずに食べてみるというのも良い食べ方です。
お店ごとに包み方が異なったり、使用している野菜の種類や割合、サイズや焼き加減など異なる点が多いので食べ歩きをしてどのお店のものが好みかを楽しむことも可能です。

人気のあるお店は時間帯によっては長蛇の列となる

駅周辺ともなればかなりの数のお店が立ち並んでおり、どこに入れば良いかで悩むことになりますが、一皿食べてもそれほどお腹にたまることがなく野菜中心でさっぱりと食べることができるので、いくつか食べに行ってみることができるというのも大きな魅力といえるのではないでしょうか。

和商コーポレーションのような人気のあるお店は時間帯によっては長蛇の列となるので、空いているタイミングを見計らってから足を運ぶようにするべきです。
数多くのお店があるからこそ、どこを選んだら良いのかで悩むのは当然のことであり、悩んだ際にはとりあえず知名度が高い有名なところを選ぶことになるのではないでしょうか。

有名どころを選んで足を運んでみるというのも、もちろん美味しいものを見極めるための良い基準の一つにはなりますが、中には地元民しか行かないような場所にあるお店もあります。

観光客ではなく地元民が足を運ぶ場所に行ってみると、思いの外美味しい物に当たるということもあります。
ご飯やラーメン、お酒と一緒に楽しむこともできますが、単品で注文して食べ歩いたり、焼きや揚げを同時に注文するなど様々な楽しみ方ができるのが大きな魅力となっていることは確かです。

匂いが気になりなかなか食べられないという人も多いですが、宇都宮ではソウルフードということもあり、ランチで食べることができるお店も豊富にあります。
そういったお店の場合には、ニンニクなしというメニューもあり、その後仕事など予定があっても匂いを気にすることなく食べることができます。

お店によりメニュー内容やこだわり、料金など異なる点は多々ありますが、野菜が中心であり基本的にリーズナブルなので、気軽にランチとして食べたい時や、夜にお酒を飲んだ後に食べたり、お酒のおつまみとして気軽に食べることもできます。

日本ではかなり身近なグルメの一つであり、どこで食べても味にそう大差はないと考えてしまいがちですが、名物ということもあり宇都宮では、お店ごとにこだわりに違いがあり特徴もそれぞれ異なるので、いろんなお店を食べ歩いてみる価値は大いにあります。