ベンツ

神澤氏監修!輸入車の特徴を探ってみる

輸入車好きの神澤光朗氏が解説

輸入車といえば、高級な自動車として知られていますが実際に日本車との違いを明確にする人は意外と少ないです。
専門的な職業に就いている人を除けば、何となく値段が高そうだからといった理由で分けている人もいます。

ですが、日本車でも輸入車以上に金額が高い車もあれば、比較的リーズナブルに購入できる外国の車もあるわけです。
そうだとすれば、大何が違うのでしょうか。
その違いを明確にしてみていきます。

まず、ハンドルが違うことはあまりにも有名ですがこれは外国と日本の道路事情によるものです。
ただ最近は、日本で販売されている会社の中には右ハンドルのものもありますので一概にハンドルの位置が違うことが大きな違いと言えるわけではありません。

ただ、普段から右ハンドルに乗っていた人が左ハンドルの自動車に乗ってしまうとワイパーとウインカーを間違えることがよくあります。
右折をしようとしているのに、ウインカーをかりださずワイパーを動かしてしまったこともあります。

このように、使用が変わることによりすぐに対応できないこともありますので右ハンドルの会社を買ってみてもよいかもしれません。
ちなみに、輸入車好きの神澤光朗はレンジローバーに乗っていますが、右ハンドルなので運転が非常に楽だと言ってました。

バックをするときに音が鳴らない車が多い

次に、すべての外国社で当てはまるわけではありませんが、バックをするときに音が鳴らないのがポイントになります。
日本車の場合には、オートマの場合にドライブとリアの違いを明確にするためにそして運転者に認識させるために音が鳴るようになっている車が多いです。

ですが外車の場合にはそのような機能が付いていないことが多く、なぜ音が鳴らないのかと不思議に思う人もいるぐらいです。
会社の場合には、そのようなうっかりミスをする人が少ないのかわかりませんがわざわざ親切な機能を付けていないことが多いです。

ガソリンを見てみると、日本車の場合にはレギュラーガソリンを使っている車が多くなります。
スポーツカーなどの加速力などを売りにしている自動車ならばハイオクを利用していることが多いですが外国車の場合には普通の自動車でもレギュラーガソリンは利用せずハイオクを利用してる傾向が見受けられます。

輸入車といっても、実は様々な特徴があり外国によってもその個性が全く異なるといえるかもしれません。
ドイツの場合は日本に入ってきている車が多いため有名になりますが、とにかく頑丈なつくりを売り物にしていることが多くなります。

噂では、日本の安全技術よりも30年以上進んでいるといわれており日本が現在やバックを標準装備していますが実は30年以上前からドイツの自動車ではエアバッグなどを標準装備していました。

ベンツなどのドイツ車は非常に安全技術に優れている

このように考えると、安全技術の世界では一番といってもよいのがドイツの自動車になります。
エアバッグだけでなくブレーキやサスペンションそして高速性能した時の安定感なども日本車と比べるとレベルが高いものになっています。

>>ドイツ車だけが軒並み高評価! 日本車との根本的な違いとは

実際に、高速道路で飛ばしている外車は多いですがそれだけ安全性能が裏打ちされているといえるでしょう。
もちろん、運転者の技術の問題も考えられますので、外国車だからスピードを出してよいわけではありません。

本人の腕前があまり大したことがなければ、どこかで大きな衝突を起こしてしまい命にかかわるようなことが発生してしまう可能性があります。

高速性能を高くしている理由は、ヨーロッパにはアウトバーンが存在するからです。
アウトバーンは、日本の高速道路と同じようなものになります。

ただ一つ大きな違いがあり、日本の高速道路は100キロが制限速度とされているのに対してアウトバーンの場合は無制限になります。
つまり、時速300キロのスピードで走行してもトラブルさえ起こさなければ問題ないと言えるでしょう。

後ろからパトカーなどが追いかけてくるわけではありません。
つまり、何が言いたいかといえば高速走行したときにそれに耐えうるだけの自動車の能力が必要になるわけです。

アメリカの自動車は排気量と大きさが日本車とまったく違う

日本のように180キロでリミッターが付いているわけでもありません。
このように、ドイツの自動車は高速性能にたけていることと安全性能が高いのがポイントです。

では、アメリカの自動車はどのような特徴があるでしょうか。
アメリカの自動車を見たことがある人は多いですが大きさがまったく日本車と異なります。

日本のファミリーレストランなどに聞いてある駐車場のラインでは、ないぐらいの大きさになります。
ぎりぎり駐停車することができるぐらいの横幅になるため、日本では扱いにくいといえるかもしれません。

ただ、やはり横幅が広いことは自動車に乗っていたそれだけ一体とした気分を味わうことができます。
われるバスを運転しているような気分になるでしょう。

なぜこのように横幅が広いかといえば、それはアメリカの道路事情によるところが大きいです。
排気量が大きい理由は、アメリカ大陸を長距離走行する必要があるからです。

日本の軽自動車などのように排気量が小さければアメリカの長い大陸を横断や縦断するのが難しくなってしまいます。
時には砂漠などもありますので一度にかけぬけるだけのパワーが必要になるわけです。